牧之原市子育て支援連携システム - 牧之原市子育て総合サイト

県内インフルエンザの流行が警報レベルに拡大

県内のインフルエンザの流行が「警報レベル」に拡大しています。
市内でも、保育園や小学校、老人福祉施設などから流行していると報告が届いています。

「うつらない」・「うつさない」を基本に、感染予防に努めましょう。

※県のインフルエンザ流行状況につきましては、添付のファイルをご覧ください。

【感染予防のためにできること】
・予防接種をする
・こまめにうがい・手洗いをする
・咳をするときは、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を覆う(咳エチケット)
・なるべく人混みを避ける
・人混みに入るときはマスクを着用する
・室内の換気をするとともに、適度な湿度の確保をする
・十分な栄養と睡眠をとる

【インフルエンザにかかったら】
・咳などの症状が出た場合は、必ずマスクを着用する
・早めにかかりつけ医や近くの医療機関を受診する
・インフルエンザと診断されたら医師の指示を守って服薬し、外出を控える
・家庭内でも、咳エチケットを徹底し、十分な休養をとる

県内のインフルエンザ警戒レベル

ページのトップへ戻る